最先端の再生医療を用いたスキンケアをーアイテックインターナショナル

マトリックスエキスと他社製品との違い

ITECインターナショナルの主要商品である”マトリックスエキス
他の化粧品と何が違うのでしょうか?

 

■幹細胞培養上清

私たち人間の体は「細胞」で構成されています。
細胞は、ターンオーバーと呼ばれる一定の周期で入れ替わっていきますが、怪我・老化などでも損なわれていきます。『幹細胞』は、その損なわれた細胞の修復を行います。

自身の幹細胞を培養・増殖し体内へ戻すことで、アンチエイジングや組織の再生、疾患の治療に使用したりすることが幹細胞治療といわれるものです。

最新の研究では、幹細胞そのものを直接体内に戻すということをしなくても、「幹細胞から分泌される物質」が組織の再生を促し、幹細胞移植と同等の役割を担うことが分かってきました。この分泌物を応用したのが【幹細胞培養上清液】です。

そして、幹細胞なら何でもよいということではなく、その中でも『間葉系幹細胞』の培養上清液を使用しているのがアイテックインターナショナルの特徴です。

 

■間葉系幹細胞培養上清

間葉系幹細胞(MSCと略されます)は、人の骨髄や臍帯などに含まれています。 この細胞は、骨・軟骨・神経などへ分化する力を持っています。 つまり、間葉系幹細胞の力を使うことでこれまでの外科的治療や薬の内服などでは治療ができなかったものを”再生”することができるのではと期待されています。

また、間葉系幹細胞は成人の体の中に存在する幹細胞であるため、ES細胞やiPS細胞に比べて癌化リスクが低いため、安全性が高いというメリットもあります。

ただ、間葉系幹細胞は非常に少ない細胞であり、さらに加齢と共に減少していきます。そのため、治療に必要な細胞数を確保することが困難です。
また、従来の培養法では増殖させることがとても難しいものでした。

 

アイテックインターナショナルは、「特定細胞加工物製造事業者」として認可を受けた国内最大規模の施設で間葉系幹細胞の培養を行なっており、一連の製造・品質管理工程を厳格な基準で管理しています。

(機密保持のため、一部マスク加工をしています)

 

■DDS MATRIXがすごい!

アイテックインターナショナルのスキンケア商品には、先に書いた間葉系幹細胞培養上清液だけではなく、他に13種類もの「再生ファクター」が配合されています。

美肌効果のあるスキンケア商品は、さまざまなメーカーからたくさんの種類が発売されています。
ただし、ほとんどの方が気づいていない落とし穴として

『どんな素晴らしい成分も、肌の深層細胞に届かせなければ効果がない』

ということです。

少し複雑な話になりますが、人体は外部から侵入するものにバリアを張っています。また、入ってきた物質を「分解」しようとするはたらきがあります。

 

そのため、ただ美肌に有効な成分を肌につけるだけでは、

深層まで届かない(途中で弾かれる)
・深く入っても、入る頃には有効な成分が分解されてしまっている

という問題が残ります。

アイテックインターナショナルのスキンケア商品は、その「届かせる」という課題を解決する研究を重ね、

EGF・FGF・KGF・TGF・IGFといったグロースファクター(体内の細胞の増殖をコントロールする働きを持つタンパク質)成分を十分に配合し、さらにDDS()と呼ばれる機能を導入することで

肌が内側から再生する成分を、確実に届かせる

という『DDS MATRIX』製品になっているのです。

 

ドラッグデリバリーシステム(drug delivery system)
→体内での薬物分布を制御することで、薬物の効果を最大限に高め、副作用を最小限に抑えることを目的とした技術

 

 

SNSやメディアでどんどん広がっています

これまでの美容化粧品とはまったく違った観点から開発されているマトリックス化粧品は、芸能界にも広がっています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

さて、スキンケアして寝るとします🤤😪 おやすみなさい😘💫 @itec_official_ #MATRIXエキス #マトリックスエキス

島袋聖南さん(@seina4444)がシェアした投稿 –

 

また、NHKの「サイエンスゼロ」でもエクソソームについての特集が放送されるなど、世の中に少しずつ認知が広がってきています。

 

 

 

化粧品なので合う合わないはあるでしょうが、1人でも多くの方がお肌の悩みから解放されたり、鏡を見ることが楽しく・嬉しくなっていただけたらなと願っています。

タイトルとURLをコピーしました